「家族のための信託」は、所有者の遺志(ミッション)を確実に長期にわたって実現できます。

「信託財産」は、遺産から除外され一定の目的(ミッション)を与えられた独立の存在(遺産から除外)となるために、相続人の合意(遺産分割協議)で、遺志(遺言)が反故にされることもありません。

一定の目的(ミッション)を与えられた独立の存在(遺産から除外)

一定の目的(ミッション)を与えられた独立の存在(遺産から除外)