家族のための信託は、成年後見制度や遺言と違います。成年後見制度は使いづらく、遺言には気を付けなければならない落し穴があります。家族のための信託は、成年後見制度(青点線内)と遺言(赤点線内)の隙間を埋める制度と言われることがありますが、逆に成年後見制度や遺言の領域をほぼ全てカバーできる制度と言うことも出来ると思います。